【筋トレ】WILD FIT40キロセットダンベル購入。またダンベル買っちゃった。


スポンサーリンク




こんちゃっす!もいちです。

またまた買っちまいましたよダンベル。

つい先日買ったばかりなのに。

【WILD FITのダンベル40キロセット購入】

いつものあの店で

いつものリサイクルショップで購入。

定期的に巡回しておくものです。

今回はこんな感じでコンテナに収まってましたよ。

先日購入のアイロテックのダンベルは朱色のラバーでカバーされてましたが。

こちらは白いラバーで覆われています。白もカッコいいじゃん!

パっと見で「20キロが二個だな!」って分かりましたけど。
(アイロテック買ったばかりだからね)

アイロテック同様40キロセット(くどいけど20キロが2つね)です。

アイロテック40キロセット買ったばかりじゃないかとは思ったけど。

この機にこれを買ってしまえば、
それこそ自宅でダンベル不足に陥る心配はなくなるぞ!って事で購入決定。

これで、今後に追加でダンベル買いません宣言です。
(ダンベルはね。アレイは買うかも。固定式のも良いよね。)

 

WILD FITダンベルをバラす

先に購入したアイロテックとまったく同じ構成。

・5キロ2枚
・2.5キロ2枚
・1.25キロ2枚
・2.5キロシャフト

計20キロ。

やはり白カッコイイね。

念の為シャフト計ったら2.6キロだった。やはりこうなるよね。

ちょっぴりの誤差だし、まあ問題なし。

0.1キロのプラス・マイナス誤差はあって当たり前と思っておこう。

計算する時は2.5キロで。


ダンベルシャフト450ミリ スクリューカラー2個付[WILD FIT ワイルドフィット] 送料無料 筋トレ トレーニング ウエイト バー 腹筋

 

すでに拙宅に鎮座するアイロテック先輩と

各重量のプレート共に同サイズ。

これなら混ぜて組んでも問題ない。良かったよかった。

 

さて、シャフト問題です。
ご覧ください。

長さ違います。

上はアイロテックパイセン。

下が新入りワイルドフィット。

アイロテックのシャフトが40センチなのに対し、
ワイルドフィットのシャフトは45センチとなっています。
ちなみにグリップ部分はどちらも同じ長さね。

それならば使い分ければよいだけです。

ワイルドフィットの方が尺が長いので、
一枚ほどプレートを多く足せるかなと。

アームカールなどカラダの近くを通過させる種目では、
シャフトの尺が長いとやりづらい。

アームカールならアイロテック。

ベンチを使ってダンベルプレスなら、
ちょっとプレートを足してのワイルドフィットで。

こんな感じで使い分けようと思案中。

 

 

それでは最後に集合写真。

ゴチャゴチャして困ったもんだ。

ウソ。見ているだけでもワクワクするね。

あとはやるだけだって。


IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個) 筋トレ ダイエット ダイエット器具 トレーニング ベンチプレス 筋肉

赤も白もカッコイイね。
これはお気に入りになる予感。

とにかくラバーがあるととても良いですよ。

床に置く際にも必要以上に音が鳴らないし。

保管時でも鉄同士があたってカチャカチャいい難いし。

それにやっぱり見栄えかっこいい・・・(ふふふ)

【まとめ】

自宅でダンベルトレーニングをするならば。

まあこれだけあれば十分でしょう。

これでも多いかなってくらい。

いつも言っているけど、あまりに本格的にやりすぎての怪我が怖くてね。

 

10キロはもちろん。

20キロ、30キロって組めるだけ揃ったわけですが。
だからといって調子に乗ったら大怪我しますから。

なのでこの量は負荷を増やせるメリットよりも、
「複数組んでおけてトレーニング時に組み替える手間を省きたい。」
というのがその目的だったりします。

 

今回も良い買い物が出来たましたよ。

人生短い買ってしまえ。

断捨離くそくらえ(ウソ)。

 

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございました。
そんでは、またね。
もいちでした。


スポンサードリンク




コメント