足裏の角質を削る ののじの足うら角質こそぎ、めっちゃトレ使ってみた 

どもっ、もいちでございます。

皆さんは足裏の角質をどうしてますか?。

削る?薬品でケア?

僕は削ります。

硬くなって痛くなると削るのです。

でもきっと。また硬くなるのです。

歩く以上どうしたって出来てしまうのでしょう。

出来てしまうのでしょうな〜。

仕方ない。爪切りといっしょだこりゃあ。


スポンサードリンク




【同じ処が固く硬く堅くなって痛い】

*閲覧注意!!*

小汚くてごめんなさいね。

いっつもこうです。小指のところ。

両足共に、であります。

重心が親指側ではなく小指側にあるのですね。

外側に重心があるのが実は嫌なのですが、それはまた別の話。

とにかくこれ。当然、放置していると痛くなります。

素足でフローリングを歩くとカツンカツンと音を立てます。

来たようですね、削り時がっっ!!

それにしても皮膚がビニールみたいな質感で変なの。

土踏まずも見当たらない!(いや、ありますよ?正座からカラダを捻って撮ったらこうなった。足裏の撮影はシンドイね。)

自分の足裏を写真で見るなんて初めてでした。

img_1574

【ののじ 足うら用 角質こそぎ めっちゃトレ】

これです(下画像)。

img_5184

以前はカミソリで削る器具を愛用していました(名称わからない)。

100均でも入手できます。

ところがあれ。

削りすぎれば危険です。加減すればよいのだけれど、やり過ぎれば出血ざた。

それにビビってロクに削れない。

さらには、厚くなった角質に深く刃が入り込んでしまうと、カミソリを固定している部位に削れた角質がそのまま入り込んでしまう。

その結果、百均で買ったような安いものだと、器具自体が壊れてしまったり。

僕がよくやった失敗です。

隙間に削った硬い皮膚が入り込んで、だんだんと刃が浮いてきてしまう。

そうなるとまともに削る事は出来ません。

他に良いものはないかと探してみつけたのが「ののじのめっちゃトレ」でした。

【それでは削ります】

*汚いですよ!閲覧注意!*


スポンサードリンク




削りま〜す。

写真撮りたかったのでちょっとやりづらかった。

撮影後は空いている方の手でしっかり足を押さえてやってます。

img_1577

 

削った後です。 どうでしょう?

見た目綺麗ではありませんが、しっかり削れているのはおわかり頂けると思います。

触るととても柔らかくなっており達成感を味わえます。これで数日は大丈夫。

これで痛みがなくなるのでそれが一番です。

 

img_1580

 

そして こちらが削った角質。  これまたド汚な〜〜くて申し訳ありません。

結構な量です。

もう少し時間を掛けて仕上げても良いかな。

でも今回はこの辺でやめておきます。

どうせまたひと月もすれば削らなきゃいけなくなるだろうし。

なにより痛まない程度に削れたので良し。

img_1579

【まとめ】

まず、カミソリの様な削り過ぎて傷めないかと言う不安が全くありません。

なので思う存分削ることができます。

勢い余って、皮膚が柔らかいところを通過させてしまっても、削ってしまうかとは今のところありませんし。

硬くなったところだけを削ってくれます。

刃の耐久性も現在のところまったく問題ありません。

購入してから3年ほど使っているはずですが、しっかり結果を残してくれますよ。

メインテナンスは気がついた時に軽く水洗いをする程度です。

しっかりと水気を取れば錆びる事も無いでしょう。

ただし。この水気を拭き取る際に、軽く指先を怪我した事があります。

購入間もなかった頃。

洗った後に、ペーパーで水分を拭き取っていた時です。

丸い刃の部位を拭いていて、つい丸い円に指を当てたままクルッと回してしまいました。

すぐ気がついて離したので大した事はありませんでしたが、あくまでも刃ですから。

そりゃあ切れもします。

削ぐように動かすぶんには安全ですが、僕の様な愚かな真似はされぬ様くれぐれもご注意!!

正しく使えばとても安全便利な代物ですぜ。

 

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございました。
それではまた!
もいちでした。


スポンサードリンク




コメント