ダイソーのドレープカーテン(レースじゃない方)購入レビュー。ただし透けますよ。

こんちは!もいちです。

100円均一ダイソーですが。
そのダイソードレープカーテンを見つけたのですよ。

百均ショップでドレープカーテンを扱っているとは!


スポンサーリンク




 

ダイソーでドレープカーテンが売っていた!

皆さん。
「ドレープ」ってご存知ですか?

わたくし、もいち。
恥ずかしながら最近知りましたよこれ。

それまでは「レースじゃない方のさ。部屋側にかけるさ。ほら。厚手のカーテン。」と言っていました。
長すぎます。

ドレープなら一言で言い終わるじゃないか・・・。

つまり室内側で使用する厚手のカーテンを「ドレープ」「ドレープカーテン」と言うそうです。

 

 

さて、博識な皆さんなら常識でご存知だったと思われるドレープカーテン

このドレープカーテンが、あの100円均一のダイソーで売っていることまではどうです?
ご存知でした?

僕は驚きましたよ。

ドレープカーテンなんて高額な商品と思っておりましたもんで。

それがなんと100円均一で取り扱われているとは!!!

あ、申し遅れましたが。

販売価格は300円でございます。

しかも1組でこの価格
更にはフック別売りと言う罠も仕掛けられておりました。

だとしてもですよ。

それでワンセット揃えても、1000円も掛からずにドレープカーテンが購入できるなんて。
驚いて思わず買ってしまいましたよ。

 

ダイソーのドレープカーテン購入動機

まずは購入内訳

・ドレープカーテン1組300円。

・これを2組で600円。

・別売りのフックを二袋。100円×2で200円。

合計800円(外税)となります。

 

安いドレープカーテンでも二組で3~4000円はしますから、
大変お安く入手できます。

 

サイズは100センチ×140センチのみ。

色はアイボリーとブラウンの2色がありました。

ありましたが、ブラウンは1組しか在庫がありません。
なのでアイボリーを2組購入。

いずれにせよブラウンは色が暗めだったので選ばなかったと思います。

 

なぜ今ドレープカーテンを購入なのか。
いくら安いと言っても思いつきで買ってどうこうするものでもありませんよね。

実は最近引っ越しをしまして。
端的に言えば ドレープカーテンが足りていない。

前居より窓の数も増えしかも、全ての窓サイズが違うのでちょっと厄介物件なのです。
いや、部屋自体には満足しておりますが。

カーテンを揃えるのにちょっと時間がかかってます(苦笑)。

レースのカーテンはすでに揃えております。
ドレープが必要なのはあと二か所の窓。

ベランダに面した窓に床から天井までの長さが必要で、ここが大変。

しかもこの窓は隣家から見える場所に位置しているので、
前居でも使っていたカーテンをここにかけています。でも長さが足りていません。

いませんが窓の下部はベランダの手すりより低いので、
目隠しの点では問題ない。

この窓にドーレプを使っているため、レースだけの窓が一か所。

この窓は腰の高さまでの一般的な窓なので、
今回ダイソーで見つけたドレープで十分なわけです。

 

すなわち。

「ちゃんとドレープカーテンを揃えるまでの応急措置として」購入しようと。

そう思ったわけです。

それにしたってダイソーでこれほど安くドレープを扱っているとは、

夢にも思わなんだ。

 

とっても助かるよ~。
長くなりましたが、これが購入動機であります。
それでは買ってきたドレープがどんな感じか、
写真と併せてちょこっと書いておきますね。

ダイソーのドレープカーテン購入後レビュー

取り付け後の画像でございます。

時間は8月下旬の16時くらい。
外は快晴。
こちらの窓外にはフェンスを挟んでお隣さん宅。

写真では薄暗く見えますが、実際はまだまだ明るい時間帯です。

部屋の照明を点けてみましたが、写真には大した変化はありませんでした。
iPhone8での撮影です。

商品パッケージに「遮光性に関しては低い」旨の注意書きがあります。

このお値段ですからその辺りは理解しての購入となりますね。そしてご覧の通りです。

撮影スキルが低いせいで薄暗いのですが。

朝日などが差し込めば、それなりに陽の眩しさを感じる可能性のある感じ。

寝床で使用する際は、その辺りを考慮した方がよろしいでしょう。

レースカーテンとの比較です。

ドレープとは言っても、レースじゃないのか?と間違われるクオリティかもしれません。

ブラウンの方ならまた違ったかも。

ちなみにレースも、とりあえずで購入した安いものです。

一応ミラーカーテンではあります。

 

透け具合を。

レースと併せて比べます。レースはミラーカーテンです、一応ね。

指先の方は、レースとドレープ2枚で様子を見ます。

どうでしょうか?

 

フックが無いので同時に購入。

アジャスタブル(長さを調節できる)のものをふた袋。

ダイソードレープカーテンは、取り付けるフックの数が5なので。

8個入りを2つ買うより無いのです。まあ、こんなもんでしょう。

ちなみにアジャスタブル仕様でなければ10個入りのものもありました。

 

レースカーテンとドレープで、取り付け時に段差をつけたかったので、
アジャスタブルを選んだ次第です。

そう取り付けた方がよいと、何かでみたことがあったからなのですけど。

上の2枚目の写真で、その様子が確認できると思います。

まとめ

そう頻繁に買い替えるものではないと思われるカーテン。

引っ越しの際や模様替えでもないと、そうそう買い替えしないでしょう。

なのでどうせ買うからしっかりと選びたいですよね〜、本音は。

今回の僕のケースはあくまでも次買うまでのつなぎであります。

このお値段ならツナギで買ってもダメージ少ないですし。

ただし。

「とりあえずは結局そのままになるんだ」

叔父の言葉です。

本当にそう、こうなりかねません、

あくまでも「ツナギ」

近いうちにちゃんと買い替えますよ。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
それではまたね。
もいちでした。


スポンサーリンク




コメント

  1. […] ダイソーで買ったドレープカーテンの記事を書きました。 […]