背の高い本棚を購入。全高2メートルの本棚。これならタップリ本を並べられる!

こんにちはもいちです。

読書が趣味だと言う割に大して読んでいないのです。
それでも壁一面を本棚にして本で埋め尽くすのが子供の頃からの夢。

これはその夢実現への第一歩。

その前に買ったまま読まずにいた本を読めよ、俺。


スポンサーリンク




背の高い本棚を購入

全高2メートルです。幅120センチ
そこそこ大きめの本棚を買いました。

だって出来るだけ壁を埋め尽くしたくて。

ボクが購入したのはコチラです。↓

それではご紹介してまいりましょう。

高さ2メートルの本棚はデカくて重い・・・

梱包はこんな感じ。でかくて・・・

重い!38キロ!
ドライバーさん重かったでしょう、ありがとう。

1人では部屋に持ち込むことさえ無理かもしれません。
ドライバーさんに玄関まで運び込んでもらったなら、
その場で開梱してバラしてから設置場所に運んだほうが良さそうです。

成人男性でも運ぶのにはかなり難儀すると思いますよ。

腰など痛めませんように。

開梱~組み立て

開梱。


中身を全部出しましたよ。

 

緩衝材の発泡スチロールの削れカスが沢山出てきます。
板のアチラコチラにくっついていますから。
床などを拭くウェットシートで拭いながらの作業でした。

ちょっと神経質かな。

それでは組み立てます。

・・・・・・。

・・・・・・。

はい完成。
約80分ほどかかりました。
組み立て自体は難しくありません。
(なので作業説明は省きました)

組み立てそのものよりも案外に時間を取られるのが、
パーツの選択です。

似た様な板ばかりなので、
説明書にあるパーツがどれなのかを見極めるのがちょい面倒。

上段の棚と下段の棚で別々に使うことも?

下段がこれ↓
これだけでも使えそうですよ。

上段と下段の継ぎ目部↓

上段にも底板があるのがおわかり頂ける?

こういった組み立て家具ですと、
上段には底板がないまま下段の棚に乗せるモノが多いと思います。

この本棚なら底板があるので、
上段だけでの使用もできそうですよ。

組み立て家具を買ったなら電動ドリルが欲しい

組み立てにはプラスドライバー。
3本用意しましたけど1本で十分でした。

こういったものを組み立てる時にいつも思うのが、
電動ドリルが欲しいと思います。

でも次にはいつ使うかな?と思い直して買わないわけです。

でもこうやって必要な時がくるので。
そろそろ買っておくかな。

組み立て時間の短縮と、
翌日の前腕筋肉痛の予防の為にね。

 

本を入れてみましょう

さっそく。

自宅にあるものでとりあえずの大きさのモノを選んで。

文庫サイズ。新書サイズ。
あとはCD。

上段の棚板は可動式なので、
それなりに対応できるでしょう。

上写真で見ると「ベルセルク」がちょっとギリギリ。
でも問題は無いと感じました。

 

まとめ

棚板が薄いように思いますね。

しばらく使用したならたわんでくるかもしれません。
本棚で一番気になるのがそこなんですけど。

今回は2メートルの高さ安価であることに惹かれて購入したものです。

数ヶ月後。
あるいは、ある程度本で埋まったならまた追記で報告いたしましょ。

安物買いの銭失いなんて、これ本当ですからね。

ケチっては何度もこれ経験してますから。

 

これだけ背の高い棚ですと、地震対策もしないとね。
地震対策グッズ「ふんばる君」棚の下に差し込んで使います

 

とにかく本買いたい読みたい、でも時間ない。

 

韻を踏んだところで今回はここまで。

お付き合いいただきありがとうございます。
もいちでした。

 


スポンサーリンク




コメント