英語を独学で勉強してみようと。どこまでできる様になるのか?

グッモーニンッとサンキューは聴き取れるんだよね。と、言う事は?

Hi!everyone!もいちです。

Hi Guys! もいちです。

こいつ英語出来そうだなって、思いましたか?

自称「中の上」です。

さて。

洋楽洋画洋ドラマがそこそこ好きなもいちですが。

できる事なら吹き替えなしの原文ままで楽しみたいと、そう思うわけなのであります。

皆さんもそう思われることがおありでしょう。

でも勉強はしないんだよね。

日本語と言うツールが優れてますから。
ほとんどの表現をそこそこ上手に翻訳出来そうですものね。

それならば日本語吹き替えでよろしいし、その方がすっと心に入ってくるかも。


スポンサードリンク

はーい、がぁ〜ぃず。
はう どぅゅどぅ〜?

もいちですよ。

このぶろぐを読んでいただいている皆さんは、
きっと日本語が達者な方達ですよね。

お読みいただきありがとうございます!

僕は日本語のみならず、英語をも身に付けたいと。
英語を理解するスキルを欲しているのです!

では勉強しましょう。

どうやって?

英会話学校通えない時間ないお金ない。

でも諦めない。

だから独学でやりたい。

独学で身につくのだろうか、
とは思わなくもないですが。
せめて聴き取れるようにはなりたい。

英語を話さなければならない状況ではないので。

まあ、こんなだからヌルいのよね(笑笑笑

まあいいです。

興味関心に正直に生きたいのです。
聴き取りできれば、どうせ話したくもなってそういう場に赴くでしょ。

何故今更英語なのか?

今更と言うのはもいちの人生における位置の事です。

いい「大人」になっちまった今?ってこと。

と言うのも。
ずーっと洋楽が好きで、洋楽ばかり聴いてきたのです。
もう英語の歌ばかり9割。

それで英語を理解するようになったかと言えば「否!」なわけです。

なんだろうな。

「ヴォーカルの声も僕にとっては楽器の一部なんだよね。」

なんて言えば聞こえは良い。

でもその実、何を歌っているのかわからないだけなのは明白。

本当は何を歌っているのか知りたいのです。
米ドラマやハリウッド映画もそう。
字幕要らずになりたいのですよ。
そこで試しに、歌詞を覚えてみようと。

今はダウンロードが主流なのかも知れませんがね?

僕はCDをそこそこ所有しております。
即ち、歌詞カードが手元にあるわけです。

しかも!
プロさんが訳してくれた和訳までついているのですよ。

ま、輸入盤も多数所有しとりますので、それはそれでね。
慣れたなら自分で翻訳すればよろしい。それもスキルアップにつながりますわ、きっと。

で兎にも角にもどれか一曲覚えてみようじゃないか。
よく聴く曲が良いよね。
歌詞を覚えて和訳も頭に入れて、んでもっていつも通り曲を楽しむ。

以前は「楽器です?」だったのが、意味を持った「歌詞」になる瞬間です。

一度覚えてしまうともうその様にしか聴こえません。

空耳も似た様なもん。(本当か?)

例えばですよ。

「Thank you.」

皆さんこの英文の表す意味をご存知か?

わからない?
ならばやや強引ではありますが、日本語のカタカナで書きかえてみましょう。

「サンキュー。」

どうでしょう?

これはですね。
日本語で言うところの「ありがとう」に相当する英語表現なのですよっ!!

なんてね。
だいたい、皆んな普段から使ってるでしょ?

親しい仲なら尚更、ありがとうよりサンキューなんて言うことも多くはありませんか?
照れ隠しでセンキューなんて言ったり。
返って恥ずかしいね(笑笑
その際発音が正しいか、そんな事関係ありません。

「th」はさ〜、舌先を軽く噛むなり歯の裏に舌つけるなりして、、、なんてもちろん無視。

もうほぼ日本語になっているサンキュー。

老若男女、誰にでも通じそうなサンキュー。

目上の人に使ったならそりゃ失礼なんて話は今は置いておいて。

誰が言っても、いつ言われても、どの角度から言われてもきっと理解できるはずのサンキュー。

そう。「誰が言っても」です。

これ例えば。

本場ネイティブスピーカー、例えばアメリカ人さんが、あなたにThank you!と言ってきたならあなたは理解出来ますかね。

うん、出来るでしょうね。

ハリウッド映画や米ドラマ。

字幕版で見ていると時たまハッキリ聴き取れる英語があったりします。
ね?ですよね?

これってもしかして。
そう言う事なんじゃ、ありませんかね。

サンキューなどはあまりに短いフレーズなので、あれですけども。

要は知っている単語や英文なら、ちゃんと聴こえちゃうんじゃないのか?

どうでしょう。

別に特別な気づきでもないのかな?
当たり前過ぎました?

学が無いもいちなのでそこは勘弁(笑笑笑

単語を数個知っているレベルだとですよ。
それが会話に出てくると、その意味を脳内で訳して、そこから必死に理解しようと試みます。

んな間にも話は先へ進んでしまうしね。
大体知ってる単語出てきたとこで、あっ知ってるなんて喜んで終わりですよ。

でも知っているだけでちゃんと聴き取れてるのですよね。

ならば沢山のフレーズを覚えてしまえば、聴き取りも出来るでしょこれは。

フレーズ覚えて聴き取りも出来ちゃうようになったら?

んなもんすでに話せる様になっているでしょ!

だって言葉覚えてるんですから。
発音だのなんだのは二の次3の次。

はぁ?なんて聞き返されてももう一度二度とうったえればわかってもらえます。

これはちょっと経験したので断言しておきますよん。

強引かもしれませぬが。

「サンキュー」「グッモーニンッ」を知っているあなたなら、もう英語のリスニングは出来たも同然!

だから僕と一緒に英語やりましょうよ。

どうです?
まだ結果も出していない男が薦める理論の破壊力は!
言いたい事はわかった。
んで、どんだけ覚えりゃいいんだよ、おい?

そうですよね。
そこですよ。
キリ無いですもんね。
そこで音楽聴くのです。

普段から聴いている英語歌詞の曲を、とにかく歌詞カード見ながら聴く。

なんなら口ずさむ。
音楽ですからね。きっと覚えやすい。

もし音楽、しかも洋楽(英語)好きならば、こんな簡単な事ないですよ。

いつもの習慣ですもん。
そういや、聴いてるけど歌詞までは覚えてないな。

そんなじゃありません?

試しに覚えながら聴いてみませんか?
僕やってみます。

んでもってその進捗を報告しますよ。

でもどうやって理解の進み具合を公表しますかね?(笑笑

それにしても。
大人になると、その残り時間や可能性に反比例する様に、学びたい事や挑戦したい事が増えるのです。

僕はそうです。

もしお若いあなたがこの記事を目にされたなら。

是非今からやってみて。
三日坊主で構わないから。

お、それやりたいの?
いいじゃない、やっちゃいなよ!(誰だよ笑

では、またまた〜もいちでした。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメント