貴重な時間を浪費しない為にする事

毎度、もいちです。

自分がいつ死ぬのか?

そんな事は分かりませんよね、もちろん。でもいつかはその日が来ます。

あとどのくらい時間が残されているのでしょう?

漠然と平均寿命を参考にします。それもうろ覚えです。いつだったかニュースで言ってたなぁ、程度の記憶。

僕は男なので大体70、、、幾つだったかな?まあいいや。75歳前後くらいで。ここでは正確な数字は必要ありません。大体です。

だとするならば。自分は平均寿命を超える自信はないから、70歳がいいとこかな。

最期まで元気とも思えないけど。となると、元気なままでいられそうなのは65歳あたりか???

あまりにも雑ですがこんな感じ。

いつか死ぬのだろうけど明日明後日ではない、と。

残された時間がどんどん減っている現実を、常に意識しながら生活するのはなかなか難しいのです。

日本は世界でもトップクラスの長寿国です。考えようによっては、日本に生まれたと事で与えられた時間がより多くなる可能性を手に入れたと言えるかもしれないのです。

幸運な事ですよね。

とはいえ、人生の長さを他人と比べても詮無い事。自分が手にした時間がどのくらいなのか?残量がわからないからいつ終わるのかも知れません。

自分に与えられた時間をコントロールできれば良いのに・・・

ん、時間をコントロールするとな?

 


スポンサードリンク

【時間は貴重なのだと気づくこと】

僕の人生もなかなかのハードモードでした。現在もその延長戦で必死にもがいている状況です。

それについてはいずれ、別に書くとして、、、

動いている人とまだ動き出していない人。

動いている人ほど時間が足りない事を認識・実感し、

まだ動き出していない人は、なんとかなりそうだと楽観的に構えている、そんなものなのかなと。

考えるばりでなかなか実行に移らない。僕がそうです。

今日はもう遅い。しっかり寝て明日完璧にやるのだ。

週末になってしまったな。なら週明けからしっかりやろう。キリもいいし。

こんな調子で時間を浪費し続けてしまいました。「後で」は結局やらないのです。

 

【やるべきことを用意しておく】

まったくトライしなかったわけではありませんよ。

やる気に満ち満ちた日ももちろんありました。

よし今日こそ勉強するのだぞ。

ところが。いざ机に向かうと。

さて、何をしたらよいものか?あれもこれもやらなきゃいけないだろうけど、どれから手を付けよう?

いたずらに時間は過ぎて結局、肝心の勉強はほとんど進まない。

この繰り返しでようやく「やることをあらかじめ用意しておくべきだった」ことに気付くのです。

時間を無駄にしたくないわけですから、やったつもりになって満足しているようではいけません。

やることを用意しておく目的は二つ。

1、すぐに取り掛かれるようにする為。

2、余計な行動に時間を取られないようにする為。

コツは短時間で片付けられるようにしておく事。

始めたら1時間2時間はやり続けなければならないものは、別に時間をとります。

ここでのテーマは、日々の生活の中で生じる「スキマ時間」すら、有効に活用してやるぞ!でありますので。

 

やりたい事書き出す
優先順位つける
やるべき事に変換
列挙
短時間で出来るように分割

僕はタイマーを使っています

隙間時間と言うが、要は10分15分
なんなら5分でもいい
その時間で出来るものをいくつも用意しておくのが便利かつ重要

時間を作っていざその気になっても、
その時点でさて何をやろうか?
何からやったら効率いいかな?
なんて考えてる間に浪費しちゃうからって話
なら最初に作っちまえって

んで、ある程度やってみたなら総括。
修正。
練り直し。
んで、再スタート。
三ヶ月くらいを1つの目処に。

それで何かしら変化を感じられなければやり方そのものを変えてみたり。

やったところで結果だせるのか心配だ、となると中々動き出せません。

「立ち止まって悩むなら、歩き出してしまえ。考えるのは道すがらで。」て事です。

動かなきゃ変わらない。動けば変わる何事も。

なんか違うけどゴロが良かったので書いておきます。

 

【まとめ】

僕のやり方なのでパーフェクトではありませんけど。

細切れにして取り掛かるやり方はいいと思います。

きっかけは家事でした。洗濯したり片付け、掃除。

下手をすると休日が家事で終わってしまう。

将来の為、現状打破の為にも勉強したい。

そこでタイマーを使い洗濯、勉強、片付け、勉強、掃除の様に順繰りやってみました。

五分程の短い時間であれこれめまぐるしく動きます。

時間に追われているようで、むしろ集中してやっている事に気付きました。それ以来このやり方を通しています。

勉強の為に1時間用意していたら、かえって気持ちが折れていたでしょう。

長い時間集中しているのは僕には無理なのです。

数百円のキッチンタイマーが、僕の休日を充実したものに変えてくれたと言うお話でした。

文字通り、やらないよりは少しでもやった方が、の精神です。

これらの成果がでるのは・・・

もう少し先のようですが(まだ出てないってこと苦笑)、これからそのカタルシスを味わえるのだと思うと楽しみで仕方ありません。

さ、頑張りましょう!頑張りますよっ!

では、また。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメント