話しかける際に「あっ」やら「えっ」やら言ってます?

「あ、〇〇さん!おはようございます!」

「あ、ちょっとすみません。これのことなんですけど、、、」

「あ、それおねがいしても良いですか?」

職場で気になったお話なのですこんちは、もいちです。

一人黙々と仕事をしていると、周囲の声がやたらと鮮明に耳に入ってくる瞬間がありました。深い意味はありません。その時たまたま僕の周りでそれぞれが仕事の話を始めただけの事です。

そんな時に気になったのが「あっ、、、」なわけです。


スポンサードリンク

【話しかける時に皆が言う】

大抵付けてます。

「あっ、」。

何が「あっ、」なんだよと一人腹の中で笑っていましたが、自分も多分にもれずそうなのかもしれません。

とにかくその時は、皆が皆そうだったので可笑しかった。

もちろん、会話(やりとり)が始まってしまえば必要なくなる「あっ」。

ですが、誰かに話しかける際には確実に「あっ」。

なぜでしょうか?

なんて言うほど推測も難しくは無いですね。
関心を引くために他ならないでしょう。

なんなら「あ」でも「う」でもなんでもよろしい。
一度声掛けすることで、何かが始まるのだと心の準備をしてもらえばいいのです、きっと。

ただ、冒頭に「うっ!」なんて言ったなら、注意はひけても何があったと訝しまれるでしょうから。
やはり「あ」が一番自然ですね、はい。

【ちなみに返しは「えっ、」でした】

これまた見事に「えっ」と応える。もちろん驚いての絶句ではありませんよ。

「あ」と言えば「え」と応える。
ちょっとよそよそしい様子で。

初デートかい君たちは。

常に顔を突き合わせている間柄である職場の同僚たち。
仕事の話などは毎日でそう変わるわけでもありません。

その内容もテンプレートのようで面白味もありません。
面白い必要もないですけど。

そこで試しに。
すぐ近くにいたスタッフに、名前も呼ばず「あ」も言わずに、案件を話し始めてみました。

案の定。

「はい?」と聞き返してきます。

聞こえなかったわけではない様子ですが、心構えが出来ていないため、結局聞き返してしまうように見受けられました。

なるほどね。
スムースに会話に入るためにも、きっかけとなる「声掛け」はあるに越したことはなさそうです。

【ほかにないだろうか、いいフレーズ】

しまったw
自分で提起してみたものの提案できるような言葉が全然思い浮かばないです。

おそらく、話しける相手の名前を呼ぶのが一番無難で且つ、マナーやエチケットの面からも正解のような気はします。

よし、こらからは名前を呼ぶことにします。

解決。

ではまた!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメント