【かなり昔】勉強法について。予備校できいたアドヴァイス。よくあるやつかも。

こんちはっ!もいちです。

 

志望校に受かった予備校生が実際にやっていたという勉強法。

結論を言いますと。「繰り返しやる事」なのです。

結局はソレのようですよ。

 

【予備校で仕入れた勉強法】

遠い昔の話・・・・

そんなこともあったな~とね。

この方法、受験生ではない社会人でも出来る勉強法。

そもそも勉強法に年齢関係無かった。

 

「社会人になってから学生時分の様な勉強が必要か?」ならわかります。

勉強とは何かしら「受験する為」にやる物と潜在意識に刷り込まれてはいないか。

「勉強している」と周囲にいえば「資格でもとってココ(勤めている会社)辞めるの?(ニヤニヤ)」なんて反応だったり。

 

勉強の目的も人それぞれ。趣味で必要な事を覚えるのもまた勉強。

なにも教室で黒板に向かい、ノートに板書(されたもの)を書き写すすることだけが勉強のスタイルではありません。

世間でわかり易い「学校に入る為」「資格を取る為」にする事こそが勉強なのでもありません。

なんでもいい。

知りたい、学びたいと行動すればそれはもう勉強。

そんなあなたは勉強家。

 

僕が若い頃に聞いた「2つの勉強法」を紹介します。

【単語帳1冊を丸暗記する】

英語を担当する講師がこんな話を。

英語の成績がみるみる上がった受験生が居たと言う。その彼がどんな勉強をしたのかを尋ねると。

「単語帳を何度も読んだって言うんだよ。ところで何回くらい読んだと思う?」

そう言って教室にいる生徒にきいて回る。

何回?

「3回。」

うん。じゃあ、、、あなたは何回と思う?

 

3回と答えられた後に聞かれた生徒。もっと多い数字でも言っとかないと、そう思ったのかな。このケースで「私も三回と思う」は、まあ無いよね。

 

「10回くらい?」

 

講師は得意げにこう言ったよ。「100回だよ!」

その生徒は単語帳を100回読んだのだと、そう言うのです。

ただしこうも付け加える。

その都度集中して読むんじゃないんだ。

サラッとでいいの。

そのかわり100回。

それだけ目を通せばさすがに覚えちゃうんだよ。

 

彼(先の予備校生)はそうやって単語帳1冊を丸暗記したのだと言うエピソード。

【問題集の場合】

また別の講師がススメてくれた勉強法。やはり英語の講師だったけど。

 

これは問題集を解く際のやり方。

この場合もやはり「繰り返す」がテーマ。

大抵は問題集の章ごとに、そして最初から解いていくのだと思うけど。

1章、2章、3章とやっていくよね。

そこには変わりがない。

一冊やり切ったなら「もう一度最初から」を数回繰り返す、、、では無くて。

 

まず1日で1章をクリア。

大抵一日で出来る量です。むしろ一日1章では物足りない?

・それでもいいからまず1章。

・翌日。前日やった1章を復習。それから2章。

・さらに翌日。一昨日の1章、昨日の2章を復習。それからその日の課題3章。

・その翌日も1章の復習から始めて、、、でその日の4章。

とにかく繰り返す。

毎日やる量が増えるわけだけど、復習パートに関しては簡単で良い。だって毎日やるわけだから。

この復習は7日間続けたら取り敢えずの完了。

1章の復習も7日間やったら終わり。8日目からは2章からの復習でオッケー。

これを一冊やり切る。

一冊をやり通してから、もう一度最初よりも、立て続けに一章をやるので定着もしやすいと言うわけ。

確かにそうだろうなと、当時思ったものです。

 

 

そしてやった章を毎日記録します。。忘れちゃうからね。
(それにこの記録は「これだけやってる」との、動機付けにもなるから)

例えば件の問題集の表紙ウラに記録表を貼っておく。

でなければ直接書いても良いし。(表を書く時間がもったいなければね。準備はあくまで準備、目的では無い。)

 

こうして問題集1冊を徹底して頭に叩き込むやり方の一例です。

やり方を選ぶのは各々の判断、自由。

 

 

【まとめ】

「7回読み勉強法」と言うのを最近知りました。

 

「7回読み勉強法」では「1回目」から「7回目」までで、
多少なりとも読み方を変えているようです。

 
最初はサラッと目を通すように。
後半では理解を深めるように。
 
こんな話もありました。
 
現役で東大合格した友人にその勉強法を訪ねたのだそう。
するとその彼が「一冊の問題集をやりこめばいい」と言ったそう。
 
一冊?と聞き返すと「それで充分」だという。
 
ならばオススメはと聞けば「なんでもいい」だそうで。
 
そのアドバイス(というか質問に対する応え)が、
親身なものだったかはわかりませんが。
 
いずれにも共通するのは、
「アレコレ手を出さず一つずつ完璧と言えるほどやりきる。」
の様です。
 
10年読み続けているのかと思うほど、参考書が真っ黒くなるまで読み込むとか。
 
丸暗記自体を揶揄する向きも、無くは無いようですが。
 
知識もなければ使いようもないわけで。
 
まずは詰め込むのが常套でしょう。
 
持ってさえいれば如何様にも使えるはずです。
 
圧倒的な知識量が、
「暗記だけしても考える力がなければ・・・」
なんて能書きを吹っ飛ばしてくれますよ、きっと。
 
丸暗記がムダなわけがない。
 
それだけで終わったらもったいない、ではありますけど。
 
まずは丸暗記。
 
大事なのは暗記しなければと思わないこと。
 
流すように、サラッとこなす。
 
これです。
 
あとは回数さえ増やせば、人の脳みそ、
思った以上に性能いいはず。
 
そんなに!ってほどこなせば、
忘れたくても忘れなくなりますよね。
 
現在僕たちが日ごろ、当たり前に話たり行動したり。
 
これらのことも生まれてからこれでもかっていうくらい、
繰り返してるからこそ無意識に出来ているものばかりなのです。
 
脳みそに刷り込まれてます。
 
そのつもりがなくてもいつしか刷り込まれていたのです。
 
それが「参考書」や「問題集」でやれば、
まったく同じ効果があるはず。
 
なんだ、簡単ですねw
 
 
今回もここまでお付き合いいただきありがとうございました。
んじゃ、またね。
もいちでした。
 
 
 
 

コメント