豆乳を市販のプロテインパウダーの代わりにしてみる

鍛えていますか?もいちです。

筋トレしてますか?そう、もいちです。

ところで皆さん。「プロテイン」は摂っていますか?

もいちはですね。

プロテインを飲んだことがありません!

興味も関心もアリアリなのですが、実は飲んだことがない。

理由は簡単、高いから。(どんだけ貧ぼ・・・)

もう一つ、もっともらしい理由も用意してありますよ!(いや、本音ですけどね。)

「特別な事をせずに、部屋でできることが大前提のトレーニング」が僕の筋トレテーマです。

なので市販のプロテインはもいちにとって「特別な部類」になります。

通常の生活で、できる限りの理想体型作りと体力作りをすること。

それが可能ならばより長くその状態を維持できるのではと考えるからです。

そこで今エントリーは。

「市販のお高いプロテイン」ではなく手軽に入手できる「豆乳」でなんとかなりませんかね?

というお話。


スポンサードリンク

【市販プロテインパウダー】

ドラッグストアやネットショップでも気軽に入手できるプロテイン。

ひところよりも一般的になった様に思います。
飲みやすい飲みにくいはあるかと思いますが、飲んだこともないのでなんとも言えません。

長年愛用している知人がいますが、随分飲みやすくなったと言っていました。

と言うことはかつてはそれなりに飲みにくかったのでしょうね。

プロテインを購入するくらいですから、明確な意図を持って飲んでいる事は間違いないですよね。

なんとなく買うものではありまん。
どう言う効果があるものかを知った上で買う商品。

そして必要とするアスリート達が当たり前に使用し、更に続けているのですからその効果は一目瞭然、やらない手はありません。

必要な分量をカラダが効率よく吸収しやすい様に開発され市販されているのですから、そこはもう理屈抜きでやるべきです。

それが市販のプロテイン。

【プロテインの代用品探し】

かえって高くついたりして。

そんな遠回りしている時間が勿体無い、さっさと定番に手を出して結果を求めるべき。

なんですよね、そりゃそうだ。

でももう少しだけ、試させてください。

これは未来の自分に断っておかないと。
早くからプロテインを導入していれば、とっくに追求するカラダを手に入れているかもしれないわけですから。

それが遅れている可能性をみるに、やはり未来の自分には「ゴメンちゃい」。

でも!豆乳で納得いく結果を出せれば、それはそれで大助かりです。
何より続けやすいというメリットがありますから。経済的にね。
それでは具体的にどのくらいの豆乳を摂取するのかをお話しします。

【自作の豆乳「プロテイン」飲料】

豆乳だけではなんとなくあれだなと思うので、他にも混ぜます。

それっぽくします。
ザバスのプロテインシェイカーだけは用意してあるので、それを使いたいからと言うのもあります。

用意するのは、
・無調整豆乳
・きな粉
・黒ごま
以上です。

s_IMG_1617

IMG_1619

IMG_1621

 

きな粉は同じ大豆が原料ですが、カラダにも良さそうなので。
豆乳に混ぜるなら粉末状のものしか考えられないし、となるときな粉かな?そんな感じ。

黒ごまに関しては、含まれるセサミンがやはりカラダに良いらしいので。
すりゴマを選んでます。スっていないゴマだと、混ざらずにゴマだけ浮いてきそうなので。

分量は、
・豆乳 200cc
・きな粉 大さじ3
・黒ごま 大さじ2
にしています。意味も根拠もなく、最初に試した時にこんなもんかなとテキトーに混ぜた結果、そのままです。

これをシェイカーでシャカシャカして飲用。美味しいですよ。

無調整豆乳が苦手でなければね。

実際のたんぱく質料はどの位になっているのな?

・無調整豆乳 200cc でたんぱく質は約18g
・きな粉大さじ3(21g)
でたんぱく質は約7.5グラム
・黒ごま大さじ3 (24g)
でたんぱく質は約5g
合計で 30.5g

*きな粉大さじ1杯で7g
*すり黒ごま大さじ1杯を8g
で換算。

かなり大雑把ですが、一回で30gとします。

筋肉量を増やす目的で積極的にたんぱく質を
摂る場合、その必要量は、
「体重×たんぱく質2g」
だそうです。

ならば体重が60kgに2gをかけての120gが、
必要なたんぱく質の量となるわけですね、なるほど。

もいちが大体そのくらい(63前後)なので、
120gを目標にするとします。

上記の豆乳ドリンクを1日に4杯(回)の計算です。

【実際の実行プラン】

1日に4回も摂りません。(イキナリ)

摂れません。

少量を回数多くは理想でしょうけど断念。

更に120gも諦めます。

毎日その量だと市販のプロテインパウダーより高くなる?

そこで価格を比較してみます。

まず、ほんとは欲しい大本命の市販プロテイン。

一杯当たり
→およそ 70円から80円
内容量を日数やら摂取回数で単純に割っただけなので、これを牛乳で割るとなると当然牛乳代も含まなければね。

一方、私製の豆乳ドリンク一杯当たり。

→およそ 43円

やはり現状では豆乳を選択。
安いから。

「摂取回数」
トレ後は絶対として、後は朝かな。
食事にもたんぱく質は含まれるだろうから、その程度で良しとします。

週4日ほどをワークアウトにあてているので、
問題は休息日。

これまでは飲んでいませんでしたが、今後はどうしよう。

飲んだり飲まなかったりで。

緩くやるのが長続きの秘訣、と言うことで。



【まとめ】

後問題なのが、結果の判定。

二者択一で同時進行は無理なのだから、比較も当然難しい。
どちらかを先にやる以上、開始時に同じ条件にする事はほぼ不可能。

そんな屁理屈どうでもいいね。

カラダの主要な部位のサイズを測っておく。
体重などは当たり前。
写真を撮っておくのもいい。

開始時から一定期間後の変化・推移を記録。

ただし、はなから市販プロテインパウダーと同等はもちろん、超える効果は期待していません。

筋トレを継続する中で、栄養面で何もしないでいるよりは、意識を払おうと言う程度です。

これまで何もしていなかったからね。
プロテイン買えなかっ、、、、。

さ、豆乳ドリンク(もいちは市販プロテインと思いこんで飲みます)で、筋肉作っていきますよ!

経済的に余裕が出て来たなら、プロテイン買っちゃうけど、多分。

ほんでは今回はこの辺で。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメント