【筋トレ】大胸筋ローラー「モンスターローラー」のレビュー。どう使うのか?

こんちは、もいちです。

今回は筋トレ器具のお話。

またしても名称がよくわかりませんモノです。
(筋トレ器具の名称ってよくわからん)
さらに購入してしばらく経つので忘れてしまいました。

 

とにかく 僕が持っているものはこれです。
 

見た事ありますか?

サイズがわかればと、10センチの定規を置いてみましたがピンときませんね。

アブローラーと比べるとふた回りほど小ぶりで、片手でひとつを扱う仕様であります。
だから二つなのです。

調べてみたところ他メーカー製では「コアローラー」「ハンドローラー」の呼称で販売されているようです。
類似商品が結構あるようです。
僕はお店で見かけるまで、知りませんでした。
知らなかったからこその衝動買いです。


スポンサードリンク




【自宅、自重でバルクアップ】

とにかく自宅で大胸筋を鍛えたい(大きくしたい!)わけですが、部屋でできるトレーニングはプッシュ・アップくらいです。

あとはそのプッシュ・アップの種類を増やすしか手段を思いつきません。プッシュ・アップ・バーを利用して負荷を増やすなど。

ベンチプレスなど出来ませんよ。

バーベルもベンチもありませんし置けませんし。

それに部屋で一人、フリーウェイトをカラダの上に持ち上げる種目は、場合によってはケガどころか生命にかかわる事故が起きないとも限りません。

(僕はずっとひとりだから・・・いや、まぁそれはともかく。)

そんな折、これを見つけたのでした。

飛びついてしまいました。大胸筋に新しい刺激を与えられるかもしれない!

さあ、どうでしょうかっ!!

【使うこと自体が難しい】

結論から申しますと「扱いが難しい」となります。

上手に使う事が出来ないので、狙いの大胸筋に効かせられているのかがイマイチわかりません。

膝をついたフォームで始めてみますが。

イメージはベンチを使ったダンベルプレスです。仰向けでやるところを、床を利用してうつ伏せでやるようなものです。

床でやる為、180度以上(実際にはもっと角度は狭い。)両腕を開く事はできませんので、大胸筋の可動範囲も限られてしまいます。

そこでターゲットを胸部の内側にし、両手を完全に閉じるまで刺激を与え続ける事をイメージしながらやる事に。

肘を伸ばしての動作はほぼ不可能と思われます。無理をすれば一発で肘を痛めてしまいそうです。そもそも伸肘状態でローラーを引き付けるのは人間業ではありません。

肘を軽く曲げ「への字」をキープしたまま、両腕の開閉をおこないました。

どうしても左右でバラつくため、思うように滑らかな動きをする事ができません。

右ばかり引きつけてしまったり、次は意識しすぎて左ばかりだったり。

結果、扱うのが難しい(T ^ T)

 

因みに腹筋を鍛える「腹筋コロコロのあのローラー」のように使うことも可能です。

可能ってだけでやはり扱いにくいとは思いますが。

ちいさいローラーを左右の手でそれぞれに扱うので、
力の入れ具合がばらけると、それこそやりづらいから。

それだとターゲットの部位だけでなく腕の力も使ってしまう可能性がありますよ。

腕もついでに!ならば、なんら問題ありません。

筋トレ目的はフリーダムですから(また言っちゃった)。

 


スポンサードリンク




【それでも期待】

効果的なフォームを見つけるまでもう少し辛抱強く試してみようと思います。

無理をせず正しいフォームでやらなければ、間違いなく肩や手首を痛めるでしょう。

ストッパーがついていますので、上手に使えるようになれば可能性は広がりそうです。

真横だけではなく上方や斜め上などにも転がせそうです。

 

使い慣れてきたならまたご報告しますね。成果もでていればよいなぁ。

ちなみに。
Amazonで探したらありました。
「モンスターマンローラー」が商品名です。
意味はわかりませんけど。

モンスターマン・・・

やっぱり意味は分かりません。

いや、気持ちは伝わります。

 

 

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございました。
んじゃ、またね!


スポンサードリンク




コメント