「発達した大胸筋カッコ悪い」「デカイ胸筋ダサい」「大胸筋鍛えない」と言う風潮を感じた話。

ごきげんですかっ!?もいちです。

筋トレしてますか。

サボり気味でも構いません。
思い立ったならその瞬間に動き出しましょう。

いずれ習慣になりますよ。

さて。

筋トレするとして。

皆さんはそもそも、どこをどの程度鍛えたいとお思いか?

「あのくらいにはなりたい」なんて具体的な目標は立ててますか?

なかには、筋トレはしてるけど鍛えたくない部位があると言う人もいるのです。


スポンサーリンク




アスリートでさえ大胸筋は鍛えないと言うのです

プロスポーツ選手の場合。

筋トレは好きな様子でしたが
「胸の筋肉を鍛えるのはあまり好きではない」

確かその様な物言いだったと記憶しています。

西武時代松井稼頭央選手なんですけどね。

 

ボクの周囲にも数人。確かに存在した大胸筋は鍛えたくない人達

そして僕の身近なところでも二人
記憶する限り二人もいました。

二人もですよ!

ボクは多いと思うのですけどどうでしょう?
だってですよ。
そもそもトレーニングについて話す知人ってそれほど居ますか?
日常会話の中で自然と「大胸筋がさ~」なんてありますかね。

すくなくともボクの周囲ではあまりないことでした。
あまり無い部類のテーマなのに、
其の中で二人も出会ったなんて。
コレは高確率と言わざるを得ない。

そう考えると。

世の中ボクが思っている以上に「大胸筋が発達しているのってなんかアレだよね」
って言う人が多いのではないかと感じたのです。

 

特に印象に残っているのが20代中頃の後輩青年

彼はハッキリと「胸筋(むねきん)はあんまり鍛えたくないんですよねぇ。」と言っていました。

彼は腹筋はせっせとやっていた様です。
週末には某スポーツの社会人チームで汗を流すような男ですよ。

なぜなのだろう?そう言えばその理由を聞き忘れてしまった。

 

皆、気にするのは腹筋ばかり

とにかく腹筋ばかり鍛えたがる。

「腹筋を割りたい、シックスパックに憧れて、そしてやっぱり腹筋割りたい。」

テレビの通販番組でも、
“腹筋をどうにかする”目的の器具の紹介をよく見かけます。
ですが他の部位を鍛える器具となるとほとんど見かけない気がします。
(それもそうか。そもそも通販番組を見ないからだゴメンナサイ。)

 

推察するに。

・皆が気にしていると思われる部位が腹周り。

・割れた腹筋こそがステイタス。

・「腹筋を割る」と言う表現にもインパクトあるのかも?

・「腹筋をどうにかする器具」こそ色々とアイディア出して提案しやすい。

・むしろ他の部位を鍛える器具だと結局、ダンベル、バーベル、ベンチくらいしかない。

・近年「細マッチョ」なる言葉が定着しています。皆さんその「細マッチョ」目指してる?

 

・・・細マッチョって何?

いや、言いたいことはわかるんだけども・・・

 

あくまでも僕個人が思うところです

上半身を鍛えるならば、まずは胸板と肩を優先させると良いと思うのです。

思う理由はこうです。

・成果がわかりやすい。

胸に厚みが加わり肩も大きくなれば、服を着ていても成果がわかりやすい。

努力の結果は自身はもとより、周囲にも気付かれることとなります。

成果が出ればそれは自信にもつながるでしょう。

・大胸筋は大きな筋肉なので、成果が早く出やすい。

大きな筋肉を鍛えて増量に成功すると、基礎代謝が増えるそうです
。脂肪の燃焼効率も上がるならば更に理想の体型に近づけるでしょう。

・一方、腹筋は成果が出にくい。

腹筋に関してはすでに多くの方が実感されているかもしれません。
それは、やっている割に思った様なシェイプを得られない事実。
始めた頃はどの程度で効果が出ると予想していましたか?

ひと月後でしょうか。それとも三ヶ月後?半年後?

続ければ筋肉は成長していることと思います。
程度の差はあったとしてもです。

その割に浮き出てこないのが腹筋。悩ましいですね。
試しに腹に力を入れて、
指先で探ってみるとしっかりと「割れて」はいる様です。
そうですよね。
なのに鏡で見る腹は数ヶ月前とさほど変わらない。

腹筋運動の結果を、
見た目に反映させるにはなにより。
お腹周りの脂肪を落とすしかなさそうです。

どころか体脂肪が少なければ、
さほど腹筋運動に固執しなくともそれなりに「割れる」はずなのです。

こんな感じにね。↓
たいして割れてないんだけども。


でもですよ。
これでも腹筋さほどやっていませんでした。
信じてもらえますか?
特別腹筋やらなくてもこのくらいにはなるよってことです。

腹筋の話になってしまいました。
大胸筋の話に戻しましょう。

上記の写真は数年前のボクですが。

あれですね。

言うほど大胸筋発達してないよね。

なんじゃい!と思った方。
ゴメンナサイね。

ぷぷぷっ・・・

これでもプッシュアップは頑張ってた方なんですよ。
ここまでで書いただけの事は、
やってたつもり。

どんなプッシュアップをやっていたかは次回にでも書きましょう。

ええ、書きますとも。

そんなんでその写真くらいになるの?
って思ってもらえるはずだから。

要は続ける事なんだな。
きっと。

大胸筋は鍛えないと言う風潮

言っておきながら、世間でそんな風潮があるのかは知りませんけど。

少なくとも僕の周囲に、
胸は鍛えないと明言した人が数人いただけでも驚きでした。

「腕を太くしたい」
「胸板をもっと厚く」
「腹筋割りたい」
などは良く聞きましたしそれぞれに共感します。

でも特定の部位は鍛えたくないという人もいるのですね。

これは男性に限ってです。
女の人がどうなのかは知らないから。

それこそこの時代の「風潮」にはそぐわないかもしれませんが。

「男たるもの分厚く逞しい胸板育てようぜ!」

なんて僕は思うのですけどどうでしょう。
自宅トレーニングがメインなので、
ボディビルダーのようにはいきません。

それでも工夫すれば腕立て伏せでも十分に、
薄っぺらい上半身に厚みを加える事は可能です。

ウェイトトレーニングの基本もベンチプレスだと言います。
正に大胸筋がターゲットのトレーニングですよ。

自宅トレーニングもそれに習って腕立て伏せから行きましょう。
そして同じく基本のスクワット

大胸筋と大腿四頭筋が鍛えられれば脂肪も燃焼されやすくなり、
放っておいても腹周りからも脂肪が減り、
あら不思議。
埋もれた腹筋が浮き出てきますよ!

何せカラダの筋肉の7割が下半身にあるっていいますからね!!
その筋肉を鍛えればいやでも脂肪燃やしてくれますって。

 

とにかく案外そんなもんです。

これが腹筋の真実。
腹筋ばかりでもイマイチ効果を感じられなかった方。

試しに大胸筋大腿四頭筋に集中してみてください。

腹筋だけ頑張っていた頃よりも早く本来の姿のあなたの腹筋に出会えるはずです。
バッチリ。

 

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございます。
ではまたね。
もいちでした。

 


スポンサーリンク




コメント