【筋トレ】「カーフ・レイズ」で再認識したフォームの重要性

まいど!もいちです。

筋トレしてますか?

サボり気味のもいちです。

下半身のトレーニング、サボり気味ですよね。

下半身と言えばスクワットとカーフレイズ。

もいちの場合は特にカーフレイズがキツイ。

あの独特のキツさ、なんなんでしょね?

 


スポンサードリンク




【「ワンレッグ・カーフ・レイズ」】

下半身のトレーニングはサボリがちなのですが。

中でも思い出したときにやる程度の「カーフ・レイズ」

 

やる際には「ワンレッグ・カーフ・レイズ」を実行。
10㎏のダンベルを持ち片足ずつ。
そうでもないと負荷が足りないと思っていたので。

10〜15レップスを4セット。少ないっっ!!

ところがこれでも非力なもので、相当にキツイ(泣)。

これではマズいと、
頑張って数をこなすも、
こんどはフォームが安定しません。
(片手にダンベル、もう片方の手で壁か柱につかまってますよ。もちろん支えるだけね。)

それでも続ければ楽にこなせるようになるだろうと思い続けていました

もとい、やったりやらなかったりしていました。
(無意味w)

 

【体調不良でしばらくお休みからの、リスタート】

体調不良と言っても風邪風(ふう)の症状。
もちろん医者などにはかかりません。時間ない。

それからの再開時。ひと月ほどかな。

そこそこサボったので、軽めに始めようと。

軽めなら両足でやれば良いだろう。

負荷はいつもと同じく(片脚でやっていた時)10㎏ダンベルを使い、
両足でやることにしました。

両足なので楽に出来ます。

そこでいつも以上にフォームに留意してみました。

場所は玄関。
(三和土との段差があるのでそこを利用。)

右手に10㎏ダンベル。
左手は壁で体を支持(バランスを保つ為だけに添えます。)。

玄関の三和土(靴脱ぎ場)との段差を利用。

母子球あたりで立ち、踵がしっかりと沈む様に。
ふくらはぎが限界まで伸びきるまで、ゆっくりとカラダを下げます。

次に、息を吐きながら伸び上がる。
ここでは速めに。
カラダを振って勢いをつけることなく、
あくまでもふくらはぎのみで持ち上げますよ。

ゆっくり降りて速く上がる、です。

 

ここでポイント。

「上まで伸びきった、と思ったところで更に上」を目指します。

すると不思議、もう少し上に伸び上がれるものです。

やってみると分かります。
上りきったところから、もうちょい上に伸びる事が可能です。

そこまで上げたら1秒ほど静止。
(1秒でも一呼吸でもいい。とにかく一旦とまる事です。)

 

更に2秒かけて一番下までおります。これで1回。

 

効きそうでしょ?効きますよこれ。

何回やったっけかな・・・15回くらいかな?それを4セット。

意識するのはフォームです。とにかくフォーム。

やり終わるとすぐにはまともに歩けないくらいふくらはぎにダメージがありました。

これまで片足でやる事で負荷をかけようとしていましたが、
先にも書いた通りフォームが不安定でした。

負荷が足りないと思ってやっていたワンレッグでしたが。
思えば筋肉痛にはならずにいたのですよね。

功を急いてむやみに負荷を増やすよりも、確実にコントロール出来る負荷で、
かつ正しいフォームでのトレーニングの方が効果があるらしい。

いまではそう実感しています。

 

【まとめ】

若いころにはサッカー少年で、サッカー部にも所属経験のあるもいち

当時から下半身の強化などどこ吹く風でございました。

まあ、サボるサボる。

そのせいか、はたまた遺伝的なものかはわかりませんが。

ふくらはぎの発達に乏しいようで。

細いんですよね、ふくらはぎ。

 

鏡に映る我がレッグスを見ても貧弱ぶりに笑けてきますよ。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれるほど大事な部位です。

重力で下に下がった血液を上半身に押し戻す役割をも担っているそう。

そう聞くとね。

見栄えもそうですがカラダの為にも鍛えておこうと言う気になります。

カラダに不安を覚える年ごろでもあります、もいちです。
ふふふふ・・・・

 

皆さんも下半身サボらず、定期的に続けましょう!

 

今回もここまでお付き合いありがとうございます。
それではまた。
もいちでした。


スポンサードリンク




コメント