【風水】「バグアマップ」って何?風水とは違うの?【チャレンジ】

どもっ、もいちです。

 

自身の生活に、少しずつ風水を取り入れようと企んでいます。

大袈裟にならない程度に。

あくまで自分の趣味をベースに、さりげなく。

 

ですがこの風水。

いざ自分の生活空間で実践しようとすると、案外難しい。

自室の間取りや方角など。

これがなかなか、思い通りにいかないもんで。

「風呂場に観葉植物が良い」と言われても、そんな物置く場所ないよ(苦笑)

 


スポンサードリンク







【引っ越す前の家】

以前住んでいた部屋の間取りですが。

玄関入るとすぐにリビング、

水回りは奥にあったので、
リビングを通らないと風呂にもトイレにも行けません。
もちろん洗面台も一緒です。

 

一日の仕事を終えて帰宅します。

帰宅したなら手洗いにうがいです。

足も洗いたい。

なので真っ先に水回りへ。

 

ですがリビングを通らないと洗面所にも風呂場にも行けない。

廊下などない狭い家です。

汗で蒸れた足でリビングのカーペットを踏んで歩く事に、
抵抗がありました(潔癖というほどでもないと思うけど)。

 

でもですね、ここポイントです。

結局こういう事なのかなと、思っているのです。

何が?、かと言うと。

日々の生活で、ちょっと気持ち悪い。

ちょっとだけだけど塩梅が良くないと感じる。

色、形、場所などがちょっとだけどストレスになっている。

そういったものです。些細な事なのですけど。

毎日毎日、そんな風に。

ちょっとだけでも、感じつづけていると。

数ヶ月、数年にわたって感じるその小さなストレスでも。

知らぬ間に自らの心や身体を蝕んでいるやも知れぬ。

大袈裟に言ってますけどね。

とどのつまり、そう言う事かなって。

 

環境に大いに影響されるのが私たち人間です。

毎日目にするもの、触れるものから受ける影響は計り知れないと。

そうは思いませんか?

そうであるなら。

風水なんてどうにもスピリチュアル的なものの様に感じて、
ちょっと信じがたいなんて事もありそうですが。

とどのつまり、自らの身を置く環境を居心地の良い状態にしましょうと言う事なのです、きっと。

毎日が心地よい環境で過ごせるならば、それはいい影響しかないだろうと。

 

小さい部屋、ちょっと難アリの部屋ばかりに住んできたもいちが言うのですから。

間違いありませんww

片付ける。飾るものを変える。

たったそれだけで気分が一新されるのですから、
やってみるのも良いとは思いませんか?

 

【風水で問題なのは?】

インテリアを替える時。

家具を購入するとき。

カーテンなど替える時。

ふと「風水」の文字が頭に浮かびませんか?

それまで興味も関心も無かったはずなのに。

新しいものを取り入れる時、ちょっと気になる「風水」。

 

この色で問題ないかな。
この人形飾りたいけど、風水だとどんな意味があるのだろう。

 

寝室にベッドを置くつもりだけど。
頭の向きはどうしようかな。
北はやはり良くないのかな?

 

この程度の事なら誰しも思った経験ありそうです。

ところがいざ試そうとしても、家の間取りがどうもうまくいかない。

棚はここにしか置けないし、ベッドの向きも変えられない。

代替え案もあるのだろうけど、そこまでいくとどうしても面倒に感じてしまう。

結局「ウチでは風水活用出来ないかな。」となる。


スポンサードリンク

【風水幸運生活 永田広美著】

まずはこちらの本。

数年前、書店で見かけて購入しました。

73FE1BC1-3F36-487E-B055-E481F8AC5C6B

(文庫)あなたの人生を楽園にするハワイ式風水 (サンマーク文庫)

人生初の風水に関する書籍。

そしてこれ以降買っていないません。

この本に心酔しているわけではなく、

インターネットで調べればいくらでも出てくる事に気付いたからなのですけど。

 

それはともかく。

この本の内容をちょろっと立ち読み。「バグアマップ」を知ります。

僕が風水の本を求めた時に、何を期待しているか。

それは具体的な方法です。

どこに何を置くのか。

何をどのように飾るのか。

色はどうしたら良いか。

などなど。

 

実際に紹介されるケースを真似たくても、自宅の間取りがそれを許さない事もしばしば。

「この方角に水場はNG」

その場所に風呂場があったり。水回りがモロにダメとされる方位でした。

もう変えようがないw

 

そこでバグアマップ。

そもそも環境は人それぞれであることが大前提です。当たり前なのですけど。

立ち読みをした時点では、その辺りの風水的ルールにもかなり寛容で、どのような環境でも取り入れ易い考え方だと感じました。

巻末には文字通り「バグアマップ」が付いています。

大まかに部屋を9分割。それぞれの空間の役割が書かれています。

金運や健康運、人間関係などです。

風水もバグアもお国柄の違い程度のもので、基本は変わりません。

バグア風水の方が、柔軟に対策が出来ると思われる点が、僕にはとっつき易かったわけです。

 

と一番どうにもしようがない方角。

これの解釈もとても柔軟で。

玄関の位置も建物によって様々。

中央にあれば問題ありませんがそうもいきません。

右寄りだったり左だったり。

建物がデザイン上切り欠きがあってその奥に玄関だったり。

それでもバグアマップならその位置の違いも気にはしません。

あくまで玄関です。

環境に合わせて9分割のマップを合わせて考えます。

後はよく見る風水となんら変わりありません。

要はそこに住まう住人である僕たちが、いかに気持ちよく健やかに過ごせる場を作り、保てるか。

そこなのだと思うのであります。

今では、巻末にある「バグアマップ」を切り取り、ちょっとの模様替えなどの時にも参考にするようにしています。

 

【まとめ】

とどのつまり。

過ごしやす環境をつくる事が、大事なのだと言う事だと解釈しています。

妙にスピリチュアルな方向で反応するものではないのかなと。

 

水回りを常に綺麗にするのは、カビが生えたり不衛生になり易いからだろうし。

そのまま放置していれば、気づかぬうちにカラダにも悪影響があるかもしれません。

何より毎日目にしている時点で、気持ちが晴れるとは思えません。

逆に綺麗にしている部屋で毎日を過ごせば、気分も良く、活動的になるかも。

そんな自分ならなにか良い事を引き寄せる事も可能かもしれません。

 

宝くじの様に、一攫千金とはいかないかもしれません。

遠回りのようですが、毎日自分に影響を与え続けているはずの「環境」を整える。

そこで風水なりバグアなりを取り入れたなら、数ヶ月・数年後の単位で人生が良い方向に向かうかもですよ。

僕はそんな事を密かに期待しつつ、試している段階です、

 

しばらく経ったなら、何かしら効果を感じたかなどの、報告もこちらのブログでしていきますね。

やるだけやって放置では意味も無いですから。

変わらない、あるいは悪化でもしたと感じたなら。

やめずにやり方を変えるだけです。

 

それではまた。もいちでした。

 


スポンサードリンク

コメント