独学でイラストを練習するのです。イラスト練習その進捗。

みなさんごきげんよう、もいちです。

絵を描きたい!なので練習しようと思い立ちました。

絵を描くのが好きではありましたが、かれこれ・・・何年だろう?

もう随分と長いこと、お絵描きなんてしていませんよ。

最近。ネット上で「お絵描き天才」達の投稿をよく目にします。

中でも超超超写実的な鉛筆画に魅了されてしまいました。

世界中の「天才絵描き」達が描くその写真クオリティの鉛筆画。

あんな絵を僕も描きたい!!

思っちゃったならとりあえずやってみます。

出来なきゃ出来ないで。途中で飽きたならそれもそれ。

そんじゃ、いってみよぉ~。

スポンサードリンク

【 模写する 】

以前にも登場したイラスト指南書「顔と手の描き方」

イラストに関する本で我が家にあるのはこれだけ。

でも十分です。

この本に描かれている「顔」と「手」のお手本を、片っ端から模写することにしました。

「全ての学びは模写から始まる」なんて言葉があるのか知りませんが、思いついてみたならありそうなので、

書いておく。

 

一冊模写し終わった時点で上達しているものかどうなのか。

その成果に納得出来なければもう一周。

他に模写の対象を探すのも良いかも。

 

【 基本は無視 】

時間がありません、残念ながら。

それでも絵を描きたい。

しかも出来るだけ上手に描きたい。

わがままなようだけれども本音だし、仕方ない。

上手に描くには練習しかない。(ここは才能も無視)

でもやっぱり時間が無い。

出来ることをするしかない。

そう言えば「参考書」持ってたっけ、、、

いけるじゃないのさ、ふふふ。

ヘタッピなデッサンから始めて、才能の無さ加減にイライラするよりも、

最初からプロの絵を真似て、その絵面(エヅラ)自体をパクってしまいましょう。

時間がないのだから、ショートカットします。

もしも数か月後、上手になっていたなら、

その時こそ取り組み方を変更すればいいですよ、ね?

これぞ趣味の楽しみ方。

 

【 さっそくスタート! 】

描きはじめました。

本の内容からすると序章にあたります。

この本の概要やその利用方法。

「顔」と「手」を描く際の著者の考え方など。

そこで参考までに紹介されているイラスト達です。

 

とにかく片っ端から模写します。

と言っていながら、この前のページにもイラストがありました。

扉ページ(?)に載っているイラストです。

これはほぼ完成形の絵なので、とりあえず無視します。

それではスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

スケッチブックもありませんので、使わずに置いてあった大学ノートに描きます。

鉛筆は2B。

薄いので次回からはもっと濃い鉛筆にします。

一つ顔を描くのに3分から4分。

そっくり模写よりも、大まかにとらえてみます。

当面の目標として、

・まず絵を描くことを習慣化すること。僕が目指すペースは三日に一回。

・絵を描くこと事態になれること。これから絵を描くぞと構えることなく、癖で鉛筆持ったら絵を描いてしまうくらいに。

挫折せずしっかり続けることが第一の目標。

続けられずに一年後迎えたなら。

「あれから一年。もし描き続けていたなら、今頃結構上達してたろうな・・・」

こんな事を山ほどくりかえしてきたのでw。

今回は粘って続けたいと思います。その為にもここで晒すのです。

描くのはもちろん、定期的に投稿をも課してしまえば、

習慣化しやすいと考えます。

続けるコツはおそらく、、、なんでもそうだろうけど、、、

「やることを細分化し、一つの作業を簡略にしてしまうこと。」

なので、今回も難しく考えません。冒頭述べたように、やれデッサンだの大学ノートって!だの気にしません。

とにかく描く。雑でも下手でも描く。

そのうちこなれて上手くなる、を信じて。

ふふふ、数か月後の自分が楽しみ。

 

それでは次回作でおあいしましょう、またね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

コメント